水耕栽培用スポンジでサニーレタスを簡単に育てる方法!ペットボトルを使えばキッチンでも栽培可能

サニーレタスは、初心者でも水耕栽培で育てやすい野菜です。

しかし、初めて育てる場合、何を用意して、どのように育てたらいいか分からない人も多いです。

この記事では、水耕栽培用スポンジでサニーレタスを育てる方法を、画像付きで解説します。

水耕栽培用スポンジでサニーレタスを育てるために必要なもの

まずは、サニーレタスを育てるのに必要な道具を集めましょう。

水耕栽培に必要な道具は以下の通りです。

  • 水耕栽培用スポンジ
  • サニーレタスの種
  • 液体肥料
  • ペットボトル

サニーレタスの種は100均やホームセンター・インターネットなどで購入可能です。

液体肥料も同じくホームセンターやインターネットなどで購入できます。

水耕栽培で使用するスポンジは、100均で販売されているものでも問題ありません。

しかし、硬すぎたり軟らかすぎると、根の成長を妨げる可能性があるため注意が必要です。

水耕栽培専用のスポンジを使用すれば、最適な硬さで、切り込みも入っているため種が定着しやすくなります。

水耕栽培用スポンジの購入をご希望の場合は、以下のURLをご覧ください。

業者の方は、以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

水耕栽培用スポンジでサニーレタスを育てるための準備

水耕栽培に必要な道具がそろったら、ペットボトルを加工します。

まずは、カッターやハサミで、赤い線の辺りをカットしてください。

カットしたら、飲み口側を反対向きにして、差し込みます。

これでペットボトルの準備は完了です。

続いて、スポンジに水を含ませます。

手で押してスポンジ内部の空気を抜いてください。

スポンジ内に水分が十分に含まれていないと、種が水分不足となる可能性があります。

ペットボトルで育てる場合は、スペースが小さいので、スポンジを3cm角に切り分けます。

水耕栽培専用スポンジであれば、切り込みが入っていて、簡単に分離できます。

水耕栽培用スポンジでサニーレタスの種まき

分離したスポンジをペットボトルにセットして、サニーレタスの種を2粒ほど入れます。

水耕栽培用スポンジは、くぼみがあり、種が転がらず安定します。

続いて、ペットボトルに水を注ぎます。

水は、種が浸かるくらいまで注いでください。

耕栽培用スポンジでサニーレタスを育てた成長記録

ここからは、実際に水耕栽培用スポンジでサニーレタスを育てた成長記録を紹介します。

種を設置して9日目に、小さな双葉が出てきました。

16日目になると、葉がかなり大きくなってきました。

18日目になるとさらに大きくなり、順調に成長しています。

22日目になると芽が伸びてきたため、このあたりから液肥を加えます。

液肥を加えて、さらに葉が成長してきました。

根が伸びてくると水の減りが早くなるため、定期的に水を加えてください。

また、この時期から藻やアオコが発生するため、容器やスポンジが汚れないように注意が必要です。

水耕栽培のスポンジにアオコが発生!原因と対策を分かりやすく解説

水耕栽培は、土の代わりにスポンジを使って植物を栽培する方法です。 近年、都市部や限られたスペースでの農業に人気が高まっています。 しかし、水耕栽培は水に発生する…

39日目に収穫できるサイズになりました。

葉は外側から枯れていくため、収穫するときは外側の葉から取ってください。

キッチンの横で栽培すれば、毎日の料理の彩りに使えるでしょう。

まとめ

サニーレタスは、初心者でも水耕栽培で簡単に育てられる野菜です。

季節にもよりますが、約1か月ほどで収穫できます。

水耕栽培専用のスポンジを使用すると、根の成長を阻害せず、順調に育っていくでしょう。

水耕栽培が初めてで、何から育てようか迷っている方は、ぜひサニーレタスを育ててみてください。

ペットボトルを活用したサニーレタスの水耕栽培は、YouTubeでもご覧いただけます。

#水耕栽培用スポンジ,#サニーレタス,#簡単,#ペットボトル